娘のためならエンヤコ~ラ

38歳の二児の父です。今から6年程前には長女の生体肝移植のドナーになりました。
その為の事前検査で血液検査を行いました。ドナーとなるためには一定の基準があり、その基準を満たさないとドナーになることができないのです。
当時の私の体重は54kg、脂肪肝等で引っかかることはなかったのですが血液内のコレステロール値が基準値より2ポイント高いと診断され、再検査となりました。
次の再検査で基準を満たさなければ、ドナーとなることができなくなるのです。そうなると、ドナーは妻になってしまいます。
男は、父親は子を産むことが当然ですができません。しかし、この娘のドナーとなることは男でもできます。こんな大事なことを(妻には悪いですが)他の人に譲るわけにはいかないと、私は血液のコレステロールを下げるためにダイエットを決意しました。
私はお酒は好きで毎日と言わずとも週に5日はビール350ml一缶は飲み、食事は肉が中心、食後に甘いものも良く食べ、体を動かすのは職場以外ほぼありません。
体重もさほど多くはなかったので正直高を括っていたのだと思います。なので、ダイエットをすることなどついぞ考えたことはなく、方法もピンときませんでした。
運動して体重を落とすのも長続きしないと思ったので、正しいダイエットとは言えないかもしれませんが、極端な食事制限を行いました。
まず、禁酒、お菓子断ち、食事も揚げ物は衣を外す、お米は普段の半分、間食禁止とダイエットを決心したその日から行いました。
余りにも極端すぎるのか、妻からも少しやり過ぎではないかと言われましたが、なにせ、娘の命がかかっていることでしたので敢えて無視、ダイエットを二ヵ月ほど続けました。
体重も順調に落ち48kgほどにまでなりました。
再検査の結果は合格となり、無事娘に肝臓を移植することができました。
今も私のお腹には15cmほどの傷が残っています。(娘はもっと大きい傷がありますが・・・)
この傷はまさに漢の勲章、娘との絆だと思っています。

 

プチ断食飲み物

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です